WORKS

2015/10/06

Vinnie Nylon solo exhibition “Nylonatronik”

Vinnie_Nylon_main_WEB.jpg

7, Oct - 26, Oct. 2015

at TAGSTÅ GALLERY, FUKUOKA

協力: mAtter http://www.matter.jp 
企画: WISH LESS gallery http://wish-less.com


バンクシーの師匠!? 伝説的グラフィティアーティストの作品が福岡に初上陸!
[巡回展] ヴィニー・ナイロン個展「ナイロンアトロニック」


・[巡回展] ヴィニー・ナイロン個展「ナイロンアトロニック」 
・会期:2015年10月7日(水)~ 10月26日(月) 
・時間:7:00~20:00/定休日なし 
・会場:TAGSTÅ GALLERY (福岡県福岡市中央区春吉1-7-11) 
・レセプションパーティ:10 月 7 日(水)18:00~


この度、バンクシーをはじめ多くのアーティストに多大な影響を与えたイギリスの伝説的グラフィティアーティスト、
ヴィニー・ナイロンの巡回展第2弾を、福岡で絶大な支持を受ける “TAGSTÅ GALLERY”にて開催いたします。

ヴィニー・ナイロンは、1985年よりグラフィティアートを描き続けています。

幼少期に体験した平和運動やパンク、スケーター文化の影響を受け、早くからスプレーアートやステンシルに興味を持ち、

街中で実行します。それは、80年代初期にイギリスに台頭したサブウェイアート の流行よりも先駆けて行われました。

ヴィニーの制作における主題は、生涯にわたり続ける収集へのこだわりであり、特に戦後生 産された50~60年代製のバッジ、アニメーション、おもちゃ、広告物などが重要な要素となります。彼の作品は、ピンテージのビニール人形や広告マスコットによって演じられる物語です。 絵の中には、Valvo, Soda pop, Lucky boy, Bright spark, My-T-Toofといった、ヴィニーが創作し たキャラクターが度々登場します。それらは、どこかで見たことのあるお馴染みのキャラクタ ーばかり。ヴィニーは、消費文化の象徴的アイコンを独自の解釈で歪ませ、新たなキャラクターへと昇華させていくことで、大衆化された唯一の存在をヴィニーの物語の主役にしてしまうのです。今年3月に開催された東京のWISH LESS galleryでの展示作品の他、本展のために描き下ろした 新作も発表いたします! 

さらに、新たなプロダクト商品も取り揃え販売いたします。 古き良き時代と新しい感覚がリミックスされた、ポップで懐かしいヴィニー・ナイロンの作品 群にぜひご期待ください。



Vinnie Nylon / ヴィニー・ナイロン

イギリス出身のアーティスト。フリーハンドで描かれるストイックなラインを駆使し、 ポップでノスタルジックな作品を多く発表。8 0年代初頭のイギリスで、グラフィティアートをいち早く始め、後に人気となるバンクシーなど多くのアーティストに影響を与えた。ビンテージグッズ収集家でもあり、50~60年代の古い人形やおもちゃなどをモチーフに起用。また、多岐に渡るブランドや企業とのコラボレーションなどにも積極的に行っている。2015年3月、東京のWISH LESS galleryにて日本初の個展を開催し、注目を浴びた。

アーティストウェブサイト:http://vinnienylon.tumblr.com