WORKS

2012/05/01

DATA | MATTER011 Yukitomo Hamasaki :: the GARDEN

GARDEN.jpg
mAtter new release

artist :: Yukitomo Hamasaki
title :: the GARDEN


01. untitled (the GARDEN #1)
02. untitled (the GARDEN #2)
03. untitled (the GARDEN #3)
04. untitled (the GARDEN #4)
05. untitled (the GARDEN #5)
06. untitled (the GARDEN #6)


LABEL :: mAtter
CAT NO. :: MATTER011
PRICE :: 1,100 JPYEN

FORMAT :: data ( download only )
RELEASE DATE :: 01 May 2012

Mastering :  Yu Miyashita (UNDERARROW) www.underarrow.com
Photo : Michal Martychowiec
Sleeve design : Yukitomo Hamasaki

An Art piece of cover : Michal Martychowiec  "Pictura et imago" 2009
www.michalmartychowiec.com

mAtter DOWNLOAD STORE
1702172605-1.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像



"the GARDEN" by Yukitomo Hamasaki

"The GARDEN" is a work based on the methodology of field recording. However, the natural and urban sounds in this work were not recorded by the artist himself. Instead, all sound materials were recorded or downloaded from various websites in the Internet.

Yukitomo considers the inside of the Internet as one of the new fields for “behaviors”.  The field recording sound, both natural and social sound, can be regarded as traces of “behaviors.” In other words, the “behaviors” include all phenomena in our community, on the earth. The “behaviors”, which are done in the real world, are done in the online world as well. The Internet can’t make natural sound by itself. However, we can listen natural sounds in the Internet world. The real and online world is not contrasting structure, and the Internet world is the new field, new locality and new domain/territory/region for the “behaviors.”

In “the GARDEN,” all sound materials were selected arbitrary from the online world, and there are no relationships between each sound. All natural sounds in this piece were recorded in various time and space, and all performed sound were created based on various thoughts, tastes, genres and cultural background. Then, all these sounds were edited to compose as one piece. “The GARDEN” is the work with removing personal ID and locality of sound files, then, reconstructing them in the new context based on the aesthetic of the artist

The working method of “the GARDEN” followed models of planting process of Japanese and European gardens. The gardeners gather stones and plants from various places in the natural world. The stones and trees in the gardening process have similarity with the sound files, which are edited and processed in the composing process. Like sound files in “the GARDEN,” the temporal and spatial meanings of building materials are detached and modified in the gardening process. The garden is constructed as the new land as the result of bricolage of natural materials coming from various time and space, which is conducted by the aesthetic of creator. 

The process of making gardens is directed by the form of personal aesthetic ultimately and has the similarity with the concept and working method of this work. The title, "the GARDEN," comes from this reason.

In addition, we’d like to mention that some ironies were included in this work, which was started to produce after March 11th of 2011 in Japan.

+ Japanese to English translate by sawako  www.troncolon.com

" the GARDEN "はフィルドレコーディングという手法をベースに制作された作品です。しかし、ここで使用されているサウンドファイルは、外の自然や街中で作者自身によって録音されたわけではなく、全てオンラインの様々なwebsiteから録音およびダウンロードされたものです。

Yukitomo Hamasakiは、インターネットを新しいフィールドのひとつとして捉え、オンライン上に存在する音をcaptureし、プロセッシングし、今回の作品すべての音をcomposeしました。

フィールドレコーディングの対象となる音は、自然の音も社会的な音も、すべて「営み」だと言えます。つまりこの「営み」とは、地球という共同体の中で起こっている全ての事象と言い換える事もできるのです。そして、現実の世界で行われている営みは、オンライン上でも同様に行われています。

インターネットは、こういった営みの中の1つの存在です。インターネットそのものは、自ら自然(の/に)音を発することはできません。しかし、我々がインターネット上で自然の音を聴く事は出来ます。実社会とインターネット社会は対比構造なのではなく、場所的・領域的な意味での新しい1つのフィールドが立ち上がったと考えています。インターネットの世界は「営み」のための新しいフィールドのひとつなのです。

Yukitomo Hamasakiが今回素材として使った音は、それぞれのサウンドファイルの間には関連性が一切なく、恣意的に選ばれたものです。使われた自然音は様々な時間や場所で録音されたものですし、演奏されている音はプレイヤーの趣味思考/宗教観/思想が様々なものをチョイスしました。こういった音が、最終的に作者によってエディットされひとつの形に構成されています。言い換えるなら、今回の作品は、そのサウンドファイルの持つ場所性やパーソナルなIDを最終的に排除し、作者自身の美意識に従って変容され構築されたのです。

今回の作業行程は、日本庭園やヨーロッパの庭の制作プロセスを模範しています。「庭」という空間は、作者が他の土地からの石や木々を一カ所に集め穴を掘り水辺をつくって空間を変容させて行くという行程によって、出来上がります。この庭園製作行程における石や木々は、composingにおけるサウンドファイルのエディットやプロセッシングにおきかえることができるでしょう。

庭園作家は、自然界に存在する石や植物をあちこちから集めてきて一つの庭を構成しますが、庭園における植物や石も、今回の作品のサウンドファイルと同様に、日時や存在としての意味性から切り離された存在です。実存する自然界の物を他の場所から持ってきて、構築し、庭園作家の美意識に基づいて新しい空間を作り上げます。

これらに着目し制作された本作は、最終的に個人的な美意識の形式(form of personal
aesthetic)に回帰するというコンセプトと庭を作るプロセスの類似からヒントを得て、" the GARDEN
"というタイトルにされました。

去年の3.11以降から制作を開始された本作は、いくつかのアイロニーを含めて制作されたということも同時に示しておきます。


+ YUKITOMO HAMASAKI

ARTIST / INDEPENDENT CURATOR

The founder of Tokyo based sound/art publishing organization "mAtter".
He started his music career at the age of 18 taking his cues from DJ
and is interested in light,  clouds, complex patterns and the
collision happened by micro spaces. Besides composing, he works on
installations, sound works and graphic designs.

He has started expressions in various formats since 2010.

-

濱崎 幸友
ARTIST / INDEPENDENT CURATOR


2008年mAtter設立。静謐な音響テクスチャーを使用し、影の現象にフォーカスした自身の初ソロ作品[d+p]の発表と共にmAtter レーベルを開始。国内外のアーティスト作品をリリースするなどの精力的な活動を展開、また国内外でのパフォーマンスを行いながら、リミックスや映像作品へ の楽曲の提供やコラボレーション等など多岐に渡る。音楽作品以外にもインスタレーション制作発表、今後はドローイング制作なども予定されている。2010年よりインディペンデント・キュレーターとして活動を開始。


+ Michal Martychowiec

Born in 1987 in Lublin, Poland. He studied visual arts at Central Saint Martins College of Art and Design in London (2009-2011) (graduated with a Distinction).

In 2012 he moved to Berlin, where he lives and works.

From 2007 Martychowiec has been creating a number of topical photographic series, as well as video projections and extensive installations using diverse media: photography, film, drawing, objects, text, neons.

Artist’s practice is a means by which to explore, by alternative means, philosophical ideas that complement his research. He applies notions of Eastern philosophy with a direct reference to the European aesthetics. He is concerned with historic phenomena brought into contemporary contexts, by creation of which he questions and reinterprets existing forms and ideas. His work is characterised by minimalistic aesthetics.

At the same time, Martychowiec collaborates on opera productions creating installations, which are specific reinterpretations of time and space, and incorporate different media.

The artist creates documentations of considerable problematic exhibitions by raising an individual dialogue with history and art.

 
Selected exhibitions

(2011) Blue Red Green, gift_lab, Tokyo (solo)

(2011) Stone in water ? site-specific installation at Palazzo Rizzo Patarol, Boscolo Hotel,     Venice

(2011) Destination, galleria upp, Venice (solo, catalogue)

(2010) Powtórka z teorii widzenia (A theory of vision: A review), Centre for Contemporary Art  Ujazdowski Castle, Warsaw  (catalogue)

(2010) Awake and Dream. Documentation / photographs and films/, Patio Art Centre, Lodz,  Poland ? 2nd Art & Documentation Festival, collateral exhibition of Fotofestiwal - 9th  International festival of photography in Lodz (solo, catalogue)

(2009) Awake and Dream. Documentation /photographs and films/, Palazzo Doná, Signum Foundation, Venice (solo, catalogue)

(2009) Awake and Dream, Palazzo Doná, Signum Foundation, Venice (catalogue)

Works in collections : Signum Foundation (Venice),  British Artists Film & Video Study Collection (London), Cruz-Diez Foundation (Houston), Galerie Denise Rene (Paris), Siena Art Institute (Siena), Foundation Dawid Tomaszewski (Berlin)

-

ミハウ・マルティホヴィエツはポーランド出身のアーティストで、現在はベルリンとロンドンを拠点に活動している。


1987年ポーランドの南東の都市ルブリンに生まれる。2009年から2011年までイギリス、セントマーチンズにて学ぶ。2007年より写真、フィルム、オブジェといった多様なメディアを用いたインスタレーション並びに映像で、一つのテーマに沿った作品のシリーズを発表している。 2010年からはオペラプロダクションの制作にも携わっている。近年のプロジェクトにポズナンオペラハウス(ポーランド)(映像インスタレーション)やソウルのオペラハウス(映像と写真)などがある。 現在は、サイトスペシフィックインスタレーションである”Garden”及びミクストメディアプロジェクトの”Vanito Vanitas”、2つの長期プロジェクトを進めている。

彼の手法は哲学的アイディアを用いたり、違った角度からリサーチを表現するものである。 歴史的な現象を近代的なコンテクストにして、既存の形式や価値観に疑問を投げかける表現方法である。

作品のThe Magic MountainはヴェネチアのPalazzo Donáで行われたAwake and Dreamというグループ展で発表されている。彼のドキュメンタリー作品はArt and Documentation FestivalとMiędzynarodowy Festiwal Fotografii FotoFestiwal(Lodzで行われる写真フェスティバル)の2つを含めた3回のエキシビションで発表されている。

最近のプロジェクトとしては、マルティホヴィエツが歴史と芸術の個性的な対話を取り上げた注目すべき問題あるエキシビジョンの文章シリーズもそのひとつ。


同時に、マルティホヴィエツはニッチ・ファッション誌やヨーロパ版VOGUE、GlamourやVanity Fairといったいくつかの広告出版業ともフォトグラッフィックファッションシリーズの企画・制作・演出を通して、自身の個性と極東文化への関心を反映さ せたコラボレーションを図っている。

Michal Martychowiec - wikipedia